2006    釣行記(中禅寺湖情報)   8月編

2006.8.21、22 美容師K氏・M氏釣行、2日目。 2日間で立木桟橋、ホンマス・11本。
 22日・朝、ブラウン 55cm。16mで   ブラウン 45cm、同じく16m。

  * 前日、納竿後、大島さんで漁券購入。 男体駐車場で 車中泊。

     4時から 立木桟橋でスタート (トレーラー)。 アタリはあるものの、ヒットせず。。
     この後、エサ師さん・二人組がきて、水深12mラインを タナ10m・ワカサギで狙い始める。
    
     K氏・M氏、エサ釣り開始。 K氏は 桟橋先端・オカジン側で、正面に タナ12m・ワカサギで2竿。
      M氏は 桟橋先端・ツガ側で、 イクラ 1竿、ワカサギ1竿 タナ16m。

     5時過ぎ、K氏のウキにアタリ。 ホンマス 32cm。

     5:40分、M氏の タナ16m・ワカサギにアタリ。 なかなか良いヒキの 黄色いブラウン、55cmでした。
                                                             撮影後、リリース。
     6:00分、M氏の タナ16m・イクラにアタリ。 形の良い、雄のブラウン、45cmでした。
                                                      撮影後、リリース。
     この後、エサ・チェンジで放ったワカサギに 虹鱒がバイトするのを見た M氏が、 ワカサギ背掛けのみ
     の仕掛けを ルアーロッドでキャスト。 着水音で寄ってきて、 バイト・丸見え。
     虹鱒・3本 35〜37cm、続けて キャッチ アンド リリース。

     ワカサギは、エサ釣りをしながらで、50匹程でした。


  * 9時過ぎから、K氏・M氏、小寺まで移動。 イクラで中層狙い(8〜10m)・流し釣り。
     食い上げのアタリなど、あるもののヒットせず。 昼まで粘り、車に戻る。

 ウキを見ながら、一休み。 小寺。 八丁出島先端と、雲に隠れた男体山

  * 昼食・昼寝後、16時過ぎから、 立木桟橋で エサ釣りスタート。

     朝、ご一緒した2人組とも合流。 この方達は昼間、阿世潟まで行き、桟橋跡付近で
     タナ10m、ワカサギ で ホンマス 30cm をキャッチしたそうです。

  
     16:30分、この2人組の 水深12mライン・タナ10m・ワカサギ に ホンマス 38cm、ヒット!

     この後、天気が崩れ始め、17時前には もの凄い・雨・スコール。
     K氏・M氏、桟橋階段傍で雨宿りしていて、小降りになり始めたところ、桟橋で粘っていた2人組から
     「ウキ・ヒイテル」と合図。 M氏、ワカサギ・タナ14m・桟橋正面 で ホンマス 38cm。

     雨が上がり、K氏・M氏、17:15分過ぎから タナを12mにしたところ、 アタリの連続!!!。
     二人で 7回・アタリ、 ホンマス 4本(35〜41cm) キャッチ。 

  40分間のホンマス・フィーバー。

     水深12mライン・タナ10mの竿も、気が付くと ウキが無く、良いファイトの 52cm 虹鱒 (ほぼヒレピン)。

     18時、K氏の 12m・ワカサギに 虹鱒 40cm が ヒットした後は、アタリがなくなり 19時 納竿。

  ** 2日間、立木桟橋でキャッチされた ホンマス 11本 と、満足のいく釣行だったようです。 TM

  ** 桟橋に 釣針、ワカサギ仕掛け などの 危険物が(一人分ですが)捨てられていたようです。 
      観光船の乗員が、ロープ作業時に針が刺さる事故を引き起こし、完全な使用禁止になる可能性が
      あります。 ゴミは、釣り座から上がる時に 必ず・絶対に、回収して下さい。


2006.8.21、22 美容師K氏・M氏釣行、1日目
 21日・朝。 ミノー と トレーラーで。   ホンマス 35、38、42cm。 21日・夕方。 雨後のホンマス40cm

  * 前日、19時着。 大島さんで漁券購入、男体駐車場で 車中泊。 3時半に起床。
    
     4時前に 立木桟橋に到着すると、知人Aさん、Bさんが すでに ミノーを キャスト中。

     M氏、 15日・K氏のパターン/ トレーラー( スプーン7.6g、 ティペット 1m 茶系マラブー )
     をキャスト。 4:15分 10投目ぐらいで、 桟橋正面・表層で ヒット!。 38cm ホンマス。


     K氏、 同じくトレーラーで アタリ あるものの、 ヒットせず。

     4:45分。 A氏の ミノー(エバーグリーン社・スーパースレッジ、クロームシルバー)に アタリ。
     寄せてくると、 ホンマス 42cm。
     桟橋先端から八丁出島方向にキャストして、すこし巻いた所だったそうです。

 
     完全に明るくなった、5:30分、 B氏の ホットケ・ミノーにヒット。 ホンマス 35cm。
     エバーグリーン社のスピンムーブ(サスペンド)を オカジン側 水深10mラインにキャストして
     少し巻いてから ホットケにしておいたそうです。


     ワカサギは、良くアタリだしたのが、5時半から。 トラウト狙いのエサ釣り(ワカサギ)を タナ12mなど
     4本だし、 アタリあるものの、乗らず。 
     8:45までに、ワカサギは200匹程でした(4人・4竿)。

  * 夕方、16:15分から立木桟橋で、エサ釣り・スタート。 17時ごろから、15分ほど もの凄い雨。
     側溝などから、濁り水が入り始め、 雨が落ち着いたら ウキにアタリが出始めました。


     K氏、ワカサギ・タナ12m 、3回目のアタリで ようやくヒット。 ホンマス 40cm。 17:40分位

     エサ用のワカサギを10匹ぐらいキープ(バケツに入れて生かしておく)、1日目・納竿。


2006.8.18 自営業TM釣行
 小雨から晴天に。 トラウト 釣れず・・  一人(しかも一竿)、桟橋で 90匹。

  * 3時に到着。 大島さんで漁券購入。 ワカサギ仕掛けも購入。
     立木桟橋に行くと、誰もいませんでした。 小雨の中、ミノーを振り出すもアタリ無し。
     散発的にライズは有るが 30cm前後のものが多かったようです。

     5時を過ぎて、エサ釣り(イクラ・タナ1.5m)で浅場の虹鱒狙いを ツガ側・水深7mラインに キャスト。
     すぐにワカサギ釣りも 開始。 探ると水深7〜8m(桟橋の根元から5つ目のタイヤ付近)で アタリ。
     この1匹目のワカサギを イクラのエサ釣り竿に付け替えて、同じ位置にキャスト。
     この後も、ワカサギはポツポツ 釣れ続け、 たまに ホンマス稚魚もアタリました。
  
     5時半を過ぎて、 レイク・ブラウン狙いの エサ釣り(ウキ・底釣り・ハリス2号)を準備。
     一番 小さい ホンマス稚魚を 背掛けにして 桟橋先端から オカジン側・水深18m付近に投入。

     この後、エサ釣りのウキは変化無し・ワカサギ釣りに没頭。 曇天のおかげか、5時半過ぎから7時半まで
     頻繁にアタリが続きました。
 7時過ぎから晴天になり、 湖水は凄い透明度。
     7:40分には納竿。 

     ワカサギ・釣果は 90匹 でした。 ワカサギ仕掛けは、鱒に切られたり、根ガカリしての ロスト があり
     ますので、予備を多めに持っていったほうが良いようです。
     半分を近所にお裾分けして、 夕食のおかずに唐揚げで頂きました。 美味しいです。 

2006.8.15 美容師K氏・M氏釣行

  * 前日、24時 到着。 立木桟橋を見ると すでに先端に3人分・場所取り済み。 すぐに 岸が渕に
     行ってみるが、すでに車が3台・・・。 諦めて 立木駐車場へ戻る。

  * 3時に大島さんで漁券購入。 知人Yさんも 合流。 先端のエサ師が まだ始めていないので
     3人で いろんな方向に ルアー(ミノー) をキャスト。 アタリ・バイト・・数回あるものの、ヒットせず。

     4時半すぎ、K氏が、先週のフライの話を聞いて 準備してきたフライ(クリーム色・マラブー)を 7gスプーン
     でトレーラー(ティペット・1m)。 30mキャスト・カウント20(たぶん7mくらい?)。 フライのリトリーブ
     をイメージした回転で試した所、 ヒット!!  32cm ホンマス でした。

    エサ師さんが 5時頃から 開始。 群馬の顔見知りの方達だったので 皆でワイワイと スタート。
     Y氏も エサ釣りを 開始。 ワカサギ釣りも始め、 水深7〜8mの所で そこそこ釣れましたが
     ホンマス稚魚(12〜13cm)が かなり邪魔をしていたようです。


  * K氏・M氏は 6時で 湯川に移動。 20匹程(AV22〜23cm)と遊べたようです。

  * 立木桟橋では、8時過ぎに イクラ・タナ12m・男体山方向 で ホンマス 30cm。

  * 昼食・昼寝後、16時半に 二人で 立木桟橋に行くと、 群馬の3人と もう一人・エサ師がいましたが
     一緒に釣り開始。 
     M氏、 ツガ側・水深9〜10mライン・桟橋の傍・タナ8mで イクラを打ちながら、ワカサギ釣り。
     K氏、 ツガ側・水深13mライン・タナ10mで イクラを打ちながら、ワカサギ釣り。

     ワカサギは パタパタと10匹ほど 釣れましたが、 5人のイクラ・エサ釣りは アタリ無し。

     浅場で虹鱒のライズがあったので、フカセウキの タナ1.5m、 ワカサギ背掛けを その付近に
     キャスト。 透明度が良いので バイトが見えて アワセ。 
     この釣り方で 30〜37cm 虹鱒を 3本、 キャッチ アンド リリース。

     7時前になって、ようやく エサ釣り(イクラ・オカジン側・水深13mライン・タナ12m)で ホンマス 30cm 
     ヒット。
 7時すぎて、ウキが見えなくなり、エサ師 終了。

     この後、 K氏、朝のトレーラーを試し、2回・アタリ。 M氏の T.Dミノー にもバイトあるものの
     ノーフィシュ。  終了。   


2006.8.08 美容師M氏・知人A・Bさん釣行
 朝焼け・西風・少々、波。 フライで・・    3度目の正直・ホンマス 40cm   朝からいい天気の 青空 でした。

  * 立木駐車場に 2時半、到着。 西風 ・ 波 有り 、ライズ ・ 無し。
     3時に 大島さんで 漁券購入。 立木桟橋には 先行で フライマンが二人(いつも会う・・)。
     サウスポーのフライマンさんが桟橋・先端・左側、 右利きの方が右側。
   
     とりあえず、3人とも、ミノーをキャスト(いろんな方向へ)。 しかし、アタリ・無し・・・。
 
     4時半頃、 左・フライマンさん、 ヒット。 ホンマス・35cm。比較的・浅いタナだったようです。
     それから10分後、 右・フライマンさん、 ヒット。 ホンマス・30cmUP。
     またまた、そらから5分後、 左・フライマンさん、 ヒット。 ホンマス・30cm前後。
       フライでホンマス・3連チャン・・・。 スゴイです・・・。


     M氏、完全に明るくなって、エサ釣り・一竿・開始(イクラ・先端中央から正面・タナ7→10m)。
     Bさんも、ほぼ同時にルアーを諦め、ワカサギ釣り開始。 エサ釣り(M氏と同じ)・一竿・開始。
     Aさんは、もう30分ほど粘ってから、ワカサギ釣り。

     フライ・エサ・エサ・フライの構図で、イクラを打ち続け、タナを落としていくもアタリ無し。
    
     時間がすぎた、6時半ごろ。 タナ12mで ようやくアタリ。 ウキ・消し込むも、すっぽ抜け。
     打ち直すと続けて、もう1回、消し込み。 またまた すっぽ抜け。
     イクラを付け直し、打ち込むと 今度は食い上げてから、すぐに消し込み・・。 3度目の正直、やっと乗って
     ホンマス・40cm、 軽く婚姻色の出た ♂ でした。 6時45分。


     このホンマスを釣ってすぐ、Bさんのワカサギ泳がせのフカセ釣り(桟橋中程・ツガ側)の竿が曲がって
     虹鱒・35cm、ヒット。
     その後、同じ釣り方で、桟橋先端正面で虹鱒・40UP、ヒット。


     M氏はその後、ワカサギ背掛け・タナ15m・ 男体山方向で 流し釣り。 8時10分まで粘るが
     アタリ無く、タイムアップ。。。

  * ワカサギは 水深7〜8mの所で 3人で(イクラのエサ釣りをしながら)、30匹ほど(大きさ7〜8cm)。 
     パタパタッ と釣れては、間が開くパターンでした。 桟橋の下に鱒が居るため?


2006.8.01 美容師K氏・M氏釣行
    立木桟橋から 朝焼け   イクラ餌で レイク 52cm タナ17m

  * 前日・23時 到着。 立木周辺・気配ナシ。
     知人A・Bさんも合流。 3時に 大島さんで 漁券購入。

     立木桟橋でスタート。 4人とも、ルアー(ミノー)で。 小さいライズは有りました。
       4時半頃までで、
         A氏 ・ マキ ミノー、9cm 黒金、 50UP 虹鱒、 バラシ。
         B氏 ・ アタリあるものの ヒットせず。
         M氏 ・ シルバークリークミノーなど、アタリあるものの ヒットせず。
         K氏 ・ T.Dミノーなど、アタリあるものの ヒットせず。

     ワカサギ釣りを始めると、ホンマス稚魚の猛襲。 ワカサギが喰いつく前にホンマスが・・・。
     (結果的には 3人で3〜4匹↓↓↓)


     3時半過ぎに、良く御一緒するフライマンさんが来て、先端でキャスト。
     #9、ダブルハンド、タイプV、シューティングヘッド で 水深5m程を狙うと 
     4時頃に ホンマス・30cm ヒット。 30分後に ホンマス・40cm ヒット。 ヤリますね・・・。


     M氏、 4時過ぎから イクラ餌・桟橋先端 ツガ側・タナ7mで流し釣り。
      5時までに ウキが2回、消し込みましたが 乗らず。  ホンマスは居たようです。

     K氏、 6時から7時までは たった2匹だけ釣れたワカサギを使い、8mと12mのタナに流しました
     (桟橋先端・オカジン側)が、アタリ無く・・・。
     7時から イクラの釣り。 底狙いの、タナ 17m です。 流れが岸に向かって押していたので
     金波方向、 20m沖に投げて 男体駐車場方向で底に着いたので その手前辺りでイクラを切る
     作業を 2本の竿で交互に続けて 各竿 7回づつ 投げたところで ウキが消し込みました。
            52cm レイクでした。 7:35分!
                     その5分後に 36cm レイク が ヒット!

 
     B氏、 管理釣り場用のロッドで、ワカサギ背掛けのフカセ釣りをキャスト(虹鱒が表層にいたので)。
      試しに投げたのですが、 なんと その魚が喰いつく瞬間が(バク、バク・・) 丸見え。
     50UPの ヒレピン・虹鱒で 水面から1mもジャンプするファイト!!!。
       3lbラインだったので 惜しくもバラシ・・・・。

     8時過ぎて終了。 天気が崩れそうだったので、下山。 その後、管理釣り場で遊んだそうです。

  * 桟橋から ツガ方面の 立木ワンドに、 尾びれ幅が15cmはある 大物ブラウン(70ちかい)
     居着いているようです。
 6時から8時にかけて 岸際でボイルを 単発的にしていたそうです。