2007   釣行記(中禅寺湖情報)   4月編

2007.4.23 湖畔の様子
   まだまだ芽吹きには・・・。 ワカサギの代わりにカナダモがゴロゴロ・・。

  * 船釣りも解禁し、魚の預かりがあったので、湖畔の様子を見てきました。
    
     立木駐車場から湖面を覗くと、岸際の岩に付いている枯れた藍藻が剥がれていて
     岸際2〜3mは底が見えない状態。 湖水・やや濁り。 ワカサギ・見られません。

     砥沢・イタリーの浜に行き、桟橋からワカサギを探すも見られず。
     近くにいたフライマンさんも、朝からアタリ無し・ワカサギ見られず・・とのこと。
     「22日はこの辺り、ワカサギ・ライズ、共に多かったとの情報だったのですが・・。」とお疲れモード。
     濁りは22日も有ったそうなので、ターンオーバーが少し起きている様に思えました。

     気になったのが、水際のカナダモ。 スプーンなどで引っ掛けて切れてくる事もあるそうですが
     そのレベルではない量でした。
     24日、自然博物館などに問い合わせたところ、少し前に柳沢・インレットの藻刈りを管理の伊藤さんが
     したので、もしかしたらそれが流れたか・・、湯川で鹿が食べて抜いたものが流下したのかも・・
     との事でした。 
     この時期、打ち揚げられた藻は鹿が殆ど食べてしまうそうですが、根が付いている藻が多かった
     ので心配です。 藻刈りが逆に拡散・再生産の原因になっている場合もあるようです。
     砂地の浅いワンドは、カナダモが繁殖しやすく、釣りどころか生態系にも影響がでる可能性があります。

     24日、漁協監視員さんは、小寺・手前のワンドでかなりのワカサギ接岸を見ているそうです。   


2007.4.17 美容師K氏・M氏釣行
対岸の立木桟橋が雪で見えない時も。金波前       すっかり雪景色。

  * 前日、イロハ坂からすでに霙、ミゾレ・・・。 明智平からトンネルを抜けると 雪でした。
     とりあえず男体駐車場で、4時まで仮眠。

     起きると すでに道路が真っ白。 様子を見ながら朝食。
     4:45、少し路面上が融けてきたので大島商店で漁券購入。
  
     5時から 金波前で キャスト開始。 とりあえず、8時まで色々 試すがアタリ無し。 
     チラホラいる釣人も釣れた様子無し。 雪は降り続けていました。
 
     立木桟橋に移動。 ちょっと前に入ったという 顔見知りのフライマンさん・二人も放流ニジマス
     1本のみと諦め顔。 ここでも スプーンが空しく帰って来るだけ・・。
     10時に観光船運行のため、桟橋終了。

     また、国道側に戻り 西六番に入り、K氏・公園石垣東の浜、M氏・トイレ前コワレ桟橋で
     スプーン、キャストするものの、まったくダメ。 
     11時半で納竿。 生命感の無い中禅寺湖でした。

          この日、13時で積雪5cmだったそうです。 断続的に振り続け、18日・20時では
          積雪9cmになったようです。(気象庁・アメダス・奥日光より)  TM


2007.4.14 聞きかじり情報

  * 4/10 の聞きかじり情報で、7日にレイク連発した方から。
    
     4/11、金谷ホテル前で レイク 60UP キャッチ。 チェリーベスパ 14.2g 赤/銅。


2007.4.10 美容師 K氏・M氏釣行

  * 前日、深夜 立木駐車場に到着。 桟橋に荷物を置きにいくと、 すでに先端左角に一人分 
     確保されていました。 K氏が先端右角、M氏は左 水深12mライン位を 確保して 仮眠。

     4時前に起床し、 大島商店で漁券購入。 4時半頃から釣り開始。 
     K氏、試しに ミノーで スタート。(PE 6lb、ショックリーダー ナイロン 6lb 1.5m)

     M氏も始めていると、背中越しに 「 キタッ!!」。 次の瞬間 「 ゴボォ!・・」 と反転音。
     K氏の 表層引き、T.D ミノー、 2投目! 桟橋から10m程の所で ヒット!!


     ドラグが鳴り続け、底へ・底へのファイト。
     すぐにK氏、 7m程 桟橋先端から 横移動。 (桟橋アンカーにラインを巻かれないため)
     水中の桟橋下部・角 でのコスレ、ライン切れを 腕を伸ばし なんとか回避。

     しばらくのやり取りの後、ライトで白い縁どりの胸鰭・確認。
     M氏、ミノー・フックでのランディング・バラシを犯さないよう 慎重に頭から 1発 ランディング。

     レイクトラウト 70cm でした。

表層・ミノーで水面を割ってファイト開始  2投で任務完了?の親指。 グッ ジョブ。

     幸先良い スタートでしたが、この後 K氏・M氏、他ルアーマン1名、エサ師(イクラ)2名 
     なにをやっても アタリ無し。
     後から来たルアーマンに「金波でアタリあり」と情報をもらい、11:30に立木桟橋を上がる。

  * 昼食後、西六番公園に入り、スプーンで底を探りつつ、金波前まで キャスト・移動・キャスト。
    
     15:15、金波前でM氏、ヒット! 底探りの フェイクベイト 18g オリジナルカラーのタダ引き
     フォール中に「コンッ」とアタリだったそうです。
 レイクトラウト 48cm。

フェイク・縦の動きで。テンションフォール中の回転が誘い。

     すぐ後、またM氏にヒットするも、バラシ。 K氏、アタリあるもののヒットせず。
 
     日が傾き始めた、17:40。 M氏、チェリーベスパ 18g パールレインボーにアタリ。
     着底後、 タダ引き アンド フォールの 引いてる時に ヒット!
 レイクトラウト 50cm。

ベスパ・引いたときのウォブリングで誘い      西六番越しの夕日。

     とりあえず 満足のいく1日で、 終了〜。
     ワカサギは、立木桟橋付近・西六番〜金波、まだ見られなかった。
                ( 朝、監視員の方と話した時に 小寺でホンマス の情報・有り)

         今年は出だしから かなり好調。 是非、釣行してみて下さい。 
         とりあえず、船解禁まで 大チャンス!!です。  TM


2007.4.10 聞きかじり情報

  * 4/7 国道側・金波付近、7時〜9時の二時間。 二人で レイク 八本。
         フェイクベイト 18g、 チェリーベスパ 18gなどで フォール中のアタリも多く
         「まるで管釣り?!」と思うくらいだったそうです。

  
       追記 この方は解禁日、金谷ワンドに入ったそうですが 大体 どの方も
           ブラウン(30〜40cm)を釣っていて、好調だったそうです。
           中禅寺湖 初釣行の連れも ブラウン 3本 。 ハマってしまったそうです。
           ルアー; ランリュウ 8g など。

  * 4/8 国道側・ポンプ小屋付近、 フェイベイト 18g で レイク 2本(50cm前後)。
         1本は遠投した底で、もう1本は手前のカケアガリで巻き上げ中に ヒット。
         ワカサギは見られなかったそうです。


2007.4.7 栃木のルアーマンWさん釣行

  * 朝から 砥沢に入り、 色々 探りながら八丁出島までいくがヒット無し。
     戻りながら、ワカサギが接岸していた 砥沢 でもう少し粘ることに・・・。
     時間はすでに10時半を過ぎていました。

     フェイクベイト 18g ゴールド系を 遠投し、底を探り、
     手前にルアーがくると カケアガリに 根ガカリするので、巻き上げるというスタイルでした。


     何投目の、 この最後の巻上げ中に 「 グゥッ・・・」 と重くなり、「また根ガカリか・・」と思いましたが
     これが、 レイクトラウト 73cm。 模様のハッキリした 綺麗なレイクでした。

     砥沢周辺、朝から 時々 ワカサギの群れ(100匹ぐらいの、個体サイズ・大)が見えていました。

        ワカサギの接岸が、レークオカジンさんの桟橋付近でも小規模ながら見られ始めたそうです(4/8)。
        ただ、1〜2日おきの降雪で、表面水温が若干、下がってしまったようです。
                       ( 中禅寺湖漁協協同組合ホームページ、水温・気温 参照 ) TM


2007.4.6 栃木のルアーマンKさん釣行

  * 午後からの釣行。 立木桟橋に行くと、桟橋に釣り人少なく、先端左側(ツガ側)に入る。

     定石通り、スプーンで底狙いの リフト アンド フォール で探るも アタリ無し。
     先端右側のエサ師は、中層(タナ7m程)・イクラで 好釣果。 レイク・レインボーなど6本。

     中層を べスパ・14g(チェリーベスパ・14.2g)で探りだし、しばらくした5時頃
     ロッドアクション中(シャクリ)にヒット!

     レイクトラウト 53cm でした。 ルアーカラーは 赤/銅。

         ワカサギが釣れた様子はなかったとのことでした。
         底狙いでダメだったのは、スプーンで底周辺が荒れてしまったのか、
         エサ師のイクラが中層に有った為、魚が浮いていたのか、など考えられます。 TM


2007.4.3 美容師K氏、M氏釣行

  * 今年、初釣行で立木桟橋・本ツガ・小寺などをスプーンで広く探るつもり。

     水温4℃程とこの時期にしては高いのがプラス要素。 2日の午後に震度3の地震があった
     のがマイナス要素。 いずれにせよ 解禁3日目で、ルアーにスレだす頃なので深場の底を
     しっかりトレースする釣りがメインになる予定。 
  
     大島商店さんに、TELにて 開店時間を伺うと、「3時から開けてます。」とのことでした。
     本当にご苦労様です。

  * 前日・深夜、立木駐車場に到着。 桟橋に降りてみると、すでに先端に4人分の荷物が・・。
     とりあえず、桟橋先端近くの右側(男体側)にK氏、左側(ツガ側)にM氏の釣り座を確保。
    
     男体駐車場で3時半まで仮眠(立木駐車場より静かなので)。 4時過ぎに大島商店さんで漁券購入。
    
     立木桟橋に行き、4時半から釣り開始。 先端の4人がまだ来ていないので、試しに ミノー
     チヌーク17gなどで 沖の表層を探るがアタリ無し。

 たまに雪のちらつく、弱風の朝でした。

     5時頃、先端の4人が入り、K氏・M氏は水深12mラインの底狙い。

     5:30頃、ツガ側にキャスト、着底後・タダ引き アンド フォールで底をトレースしている M氏に、アタリ。 
     慎重に寄せてくると ブラウン 43〜42cm。
     取り込み前に「綺麗だね〜」と水面で見惚れていると 暴れて、オートリリース。
     ルアーは フェイクベイト18g、シルバー系オリジナルカラー。 

     5:45頃、桟橋先端・左角付近に入った、中禅寺湖 初釣行の方がヒット。
     先端に入った同行者のアドバイス通り、リフト アンド フォールで確実に底をトレースしていたようで
     52cmの初レイクトラウト。 ルアーは バックス12.3g 、シルバー系。

     ほぼ同時に、K氏(男体側・12mライン)もヒット。
     フェイクベイト18gを 桟橋真横にフルキャスト(60m程)、着底後 5シャクリ目だったそうです。
     レイクトラウト 47cm。

 とりあえず拝めました。男体をバックに   前日の雨が木々で白く凍っています。

     6:30頃、M氏の底トレース、フォール中にアタリ。 レイクトラウト 50cm程でしたが水面でバラシ。
     ルアーは フェイクベイト 18g 黒金。

     この頃、K氏も桟橋近くの底で 数回アタリがあるものの、ヒットせず。
     6時過ぎから入ったエサ師の方、3人はイクラで10mラインの底を狙うもアタリ無し。
     そのライン(水深10m)でワカサギ釣りもしていましたが、釣れず。

     8:00頃、中禅寺湖 初釣行の方に またヒット!  レイクトラウト 53cm。
     ルアーは フェイクベイト 14g。 おそらく水深14〜15m辺り。

     8時を過ぎた辺りから 本格的に雪が降り出し、9時頃には路面が白くなってしまいました。
     車がノーマルタイヤの為、早々に納竿。 ゆっくりイロハ坂を下りました。
     立木桟橋、9時までで レイク・4本、 ブラウン・1本 (水面バラシ含む) 。

    雪対策をお忘れなく。

2007.4.2 聞きかじり情報

  * 解禁日・立木桟橋で、レイクの連続ヒットがあったようです。 
     又聞きですが、先端に入ったルアーマン・3人で15〜16本(60〜35cm)。
     西風の中、18g・スプーンで沖の底を狙い、入れ喰いだったそうです。
 
      強風の場合、サイドからの風は底も取れない場合があるので、風裏を探すか
      逆に正面から風を受ける場所で、ジグ・重さの割りにシルエットの小さい15g以上の
      スプーンを我慢して振り、風とラインと竿が直線的になるリーリングをするしかない
      と思います。

      今年も中禅寺湖情報を、ベイトの様子、タナ、釣法など出来るだけ細かく
      UPしていきます。 釣行のヒントにして下さい。 TM