2010   釣行記(中禅寺湖情報)   4月編

2010.4.26  自営業 ma-さん 釣行  砥沢手前→むじな窪→岸ヶ渕。

 * 例年からしてGW前くらいから良くなってくるはずの中禅寺湖。
    期待して友人と3人で釣行した。

    朝3時半に大島さんに漁券を買いに行きおやじさんに話しを聞くと、昨日までは
    とーっても寒くて釣果もイマイチだとか。


    今朝も相変わらず寒い。気温は零度前後。さらに強い冷たい風。

    立木桟橋に行ってみると5〜6箇所の場所取りがあった。

 * 中禅寺湖ではのんびり静かに釣りをしたいので桟橋をあとにして本ツガからイタリーの間辺り
   
に下りてみた。

    薄明るくなってきたのでミノーイングをしてみるが、向かい風で飛ばないしアタリも無い。

    ここでエサ釣りはしたこと無いが 良さそうなので、1時間ほどイクラを打ち込む。
    友人が遠投して最深で10mほどタナが取れたらしい。

    しかし、それらしいアタリも無く、手前は浅いため根掛かり連発。
    船が近くを流すが釣れていないようだ。向かい風が冷たい。。
    ここを早々に諦め、場所移動で近くてどん深なむじな窪へ。

 * むじな窪・ログハウス側。ここは午前中は日が当たり暖かい。
    風がやむと上着を脱ぎたくなるくらい暖かく日差しは春だなぁ〜なんて、のんびり
    しながら男体山を望む。

    しばらくアタリがなかったが、10時頃やっとウキが動いたが乗らず、また沈黙が続く。。。

    11時、待望のアタリ。スーっと入るレイクのアタリだ。 アワセルと乗った!
    走らないもののタナ13.5mからは、なかなか上がってこない。
    途中岩の間に頭を入れるが、なんとか手元まで寄せた。


    レイク・50cm弱で体高がありヒレが赤い綺麗な魚体だった。

        なかなか体高のある・・  レイク・50cmくらい。     しかし・・アタリが遠い・・・。

    このあと何も起こらず。

 * 岸が淵へ移動するも何も無く夕方6時半終了。
    3人でこの2回のアタリだけ。まだまだ厳しいようで水位の上昇と水温上昇が待たれます。

   岸が淵でワカサギを1匹目撃しました。
   むじな窪ではカディス?の大量発生を見るもライズはナシ。


   向かい風の当たる場所、水面には細かいユスリカの幼虫?みたいなものが大量に
   浮いていました。


2010.4.22  聞きかじり情報。

 * 本日・釣りに行った方の情報を、又聞きで頂きました。

    ルアーで、阿世潟から戻りながら、いろいろ探ったそうですが、アタリ無し。
    途中で雪が降り出し、お昼前・旧料金所Pに着いたころには、車の上に10cm以上
    積もっていたそうです。

 ** 24日に船・解禁。 ここでまたプレッシャーがかかるので、水温が安定して上昇するまで
     厳しい状態が続くかもしれません。
     しかし、湖底で湧き水が出ている所では、ピンポイントに魚が集まっているかもしれません。
     地形・沢筋などで絞り込んで狙うのも良いかも・・・。


2010.4.20  美容師 K氏 釣行  立木桟橋→金波周辺

 * 前日、20時・湖畔到着。 大島商店さんで漁券購入。 立木駐車場に行き、桟橋・
    先端・左角に荷物をおいて、 9時半・就寝。

    2時半、騒がしい若者達の声で起床。 釣りではないようで、桟橋で騒いで帰っていきました。
   
    3時すぎ、釣り開始。 ミノー・数投、すぐにスプーンに変更。 なかなかアタリでず。
    16日〜17日の大雪が影響しているのか。 天候・曇り。
     (大島さんで、40cmの雪が2日間で融けたと聞いた。雪解けの冷水流入は良くない。

    4時すぎ、知り合いのH君、合流。 先端・右角に入り、エサ釣り・一竿・開始。

    5時半、H君のタナ17m・イクラ・底ベタ にアタリ。 ブラウン・35cm位。

    ブラウン・35。 イクラ・タナ17m     とりあえず朝の風景。     解禁後、頻繁に雪が降り、残雪。

    これを見て、K氏・エサ釣り(18m・イクラ)開始。 底ベタで。
    しかし、こちらも なかなかアタリでず。
    また、スプーン・底狙いを始めると、数回 アタリ。 1度は、重さが乗りましたが、バラシ。

    6時半頃、H君のエサにアタリ。 レイク・55cm。

    朝の桟橋は、2本で、8時終了。

 * K氏、車中で食事後、移動。 西六番に向かうが、路肩に雪が寄せてあり、駐車出来ない。
    金波まで、戻り準備。

    スプーンをキャストしながら、西六番まで行き、また金波まで、底をたたく・・。
    しかし、ロストだけで、アタリなし。
    西風も強く、沖では白波。 雪・流入の影響か、水もかなり冷たかった。
   
    11時、諦め、納竿。 地元近くの川へ。 


2010.4.16  聞きかじり情報。

 * 本日、立木桟橋に入った方の情報を 又聞きでいただきました。
    午前中・早い時間までの情報です。

      曇り・と言うより、雲の中・・ガスっていて、遊覧船・欠航。 おかげで桟橋で
      長時間・釣りが出来ているようです。

      イクラ・タナ15mの先端沖・流しで、ブラウン・35cm、2本。

      スプーン・正面 沖にキャスト、フォール中(カウント4〜5位)にヒット。
    
  ホンマス・43cm。

   いずれにせよ、アメダス・奥日光、9時でー4.2℃という 極寒。
   PEではスプール凍結・・となるような状況。

 * 16日・23時、積雪9cm(アメダス・奥日光)となっていますので、路面凍結・注意です。

** 「栃木マリン」さんから、2010年・中禅寺湖・水上バイクの講習・試験の日程を頂きました。

   5/18(火)、5/24(月)、6/7(月)、6/14(月)、7月以降の日程は未定。
   例年と同じ、場所は観音ナギ前(金波〜西六番手前にブイを入れる。
                            ブイ・アンカーのきく水深で行うので、岸近くになってしまう。

   ブイは当日・朝6時頃からセット、当日・16〜17時に回収。

   小型船舶の講習・試験(別日程)もありますが、沖合いで行うので、岸釣りには問題にならないと思います。

      *手漕ぎボートのエレキ使用が本格的に禁止になっております。
         (もともと、許可動力船以外は 禁止・・環境省、国立公園にて。
           しかし、監視する漁協や、ボート屋さんが黙認していた。 一昨年位から、厳しくなった。

      船舶免許に興味があるかたは、栃木マリンさんのHPをのぞいてみては・・・。


2010.4.12  自営業 ma-さん 釣行  ムジナ窪→立木桟橋。

 * 5時頃、高速道路を北上。清滝手前辺りから雨がポツポツと降り出した。
   空は薄っすらと明るく青くなってきた。
   大島さんに6時前に到着するが他に車は無い。釣り人は少ないようだ。

   今シーズンは12回の回数券を購入した。大島さんで買えるとは知らなかったが助かる。
   漁協は昨年から、朝8時開店だとか。券買は丸投げか?(笑)

   さて、券を購入後、立木Pにジュースを買いに行くと桟橋でルアーマンが二人ミノーイングをしていた。
   状況を聞いてみると、ライズはあるがアタリは無いらしい。

   減水していて厳しそうだ。

   奥の駐車場に車を移動してカッパ代わりのウェーダーを着込み背中と腰にホッカイロを貼りダウンを
   着込む。完璧だろうと思ったが、むじな窪まで歩くと汗だくでかえって冷えてしまった。(汗)

 * むじな窪に到着すると先端にルアーマン。やはりアタリも無いらしい。
   一息ついたら早速準備。ルアーはやらず、エサに集中することにした。

   ここはタナ12mと決めてきたのだが1mの減水なので11mからスタート。
   ウキに集中するも5投目くらいで集中は途切れた。(笑)

   何事も無く1時間が過ぎた。

   手前駆け上がりにはビッチリと茶色いヌル。小魚の姿は無いが沖ではたまにライズ。

   湖底近くでジーッとしているような感じ。
   そこでタナを13.5mに。

   すると1投目でウキが半分入る小さいアタリが2回。

   合わせられず、エサを付け直して2投目。ウキが馴染むと、ポコッと少し浮き、
   ぽこぽこと変な動き。

   その後、入った!

   合わせると、結構重い感じで手前の駆け上がりに頭を入れよう入れようとしている。

   初の引きを楽しみながらゆっくりと上げてくる。やっぱりレイクだった。45cmくらい。


   昨シーズン、さんざん釣ったサイズだったのであまり感動はないが、それでも今シーズン1匹目。 

   ちょっと嬉しいかも。。。(笑) 写真を撮ってストリンガーにつないだ。

   ハリスをチェックしてエサをつけてまた投げる。ウキが馴染む。・・・スッ!入った!

   むふふ・・・。今度は首を振ってる。が、さっきと同じ重さ。

   上がってくるとやはりこれも45cmくらいのレイクでした。連続2匹。爆釣モード突入!?


   ・・・甘かった。

   その後は何をやっても何もなし。雨風も強くなり寒さに耐え切れずお昼で むじな窪終了。

  今シーズン1本目。     顔によって・・  連続ヒット。・・このあとが無かった・・・

 * 車に戻り昼食と昼寝。

   16時に目が覚めると雨風共に強いが、せっかく来たので立木桟橋で2時間ほど打ち込むが不発終了。

   とーっても寒い中禅寺湖初釣行でした。


2010.4.06  美容師 K氏 釣行  阿世潟→小寺→ムジナ窪→立木桟橋。

 * 2010年、初釣行。 前日・昼間、雨・・・この時期・雪でなかったので少し安心。
   ルアーで山側を攻める予定。

   前日・19時、湖畔到着。 雨上がりで暖かい夜。
   とりあえず、大島商店さんで漁券購入。 立木駐車場で21時すぎに就寝(車中泊)。

 * 3時すぎ・起床。 朝食、竿をセットして 山側・旧料金所駐車場に移動。
   車は2台しかなく、「すいてる・・・ラッキー。 いろんな場所が攻められる・・」
   4時前に、歩き出し。 気温・高い。

   5時くらいに 阿世潟手前・到着。 無風の晴れ。
   ミノーで表層を 探り、戻る方向に移動しながらキャスト。 なかなかアタリ出ない。
   他の釣人も少なく、数えられる程度。(結局・あとで考えると山側・10名程しかいなかった)

 * キャストしながら、5時半・小寺。 先端・沖でライズ。
   ミノーで探りながら、先端・左側まで行き、ここを釣座に粘ることに。

   スプーンで沖の表層・中層を探るが、アタリが出ない。ライズはヒメか・・

   底狙いの釣り方に変える。 キャスト・着底後、竿先を「クッ・・」と上げて リールをひと巻き。
   ひと巻き中に竿を倒して、着底後・またシャクリ。 水底・30cm以下をスプーンが シャクトリ移動。 
          (低水温のこの時期、ジグをゆっくりとリーリングして、底を這わせる人もいるとか・・・)


   しかし、アタリないばかりか、同じ方向で根ガカリ、連発。 スプーン・5個ロスト。
   PE・システムなのでよく分かるが、弾力のある根ガカリ。おそらくライン。
                  (昨年・ここでエサ釣りの時も同じように、引っ掛かった)
   この頃、この手でポイントが潰れているケースが増えた。
     (重いスプーンを遠投して根ガカリ、手前のカケアガリの岩にラインを挟み込み切れる・・・と
      いったケースで、ラインの底張りトラップが出来てしまう。
   回収方法を考えたい。好きなポイントで釣りが楽しめない。

   7時前、沖に船がきて、どうやら 組合員の試験釣り開始。
      
(昨年も試験釣りに当たったが、どうして漁券販売所でひと言、ないのだろう?
          漁協にクレームは入らないのか? このあたりの釣人への気配りの無さも 問題点の一つ。
         漁協は情報を遊魚者に公開するつもりがない・・とも思える。

    ベタ凪に映る男体山  小寺・阿世潟方向。かなり減水。

   7時すぎ、気晴らしに男体山を湖面に映したカットを撮影。
   先端右側に入り、スプーンを真横・八丁方向にキャスト。 底狙い釣法でカケアガリ付近まできたので
   少し早くリーリング。 スプーンを浮かせたら・・・「グンッ・・」とアタリ!
   寄せてくると、50cm前後のレイク。 ネットのある釣座まで浅瀬を引っ張っていこうとしたら・・バラシ。
   画像が欲しかったので残念。 ルアーはベスパ・14.2g・コーチドッグ改。


   このあと、風(北風)が吹き始め、雲も出始めた。
   沖のライズも散発的だがあるので、いろいろ粘る。
   数匹だが、12〜13cmのワカサギも先端周辺で確認。
   
試験釣りも結構アタッているらしく、いそがしい様子。
   

   とりあえず、沖に銀色魚体がいる。
   9時過ぎ、中層狙いでスミス・ライトニング ウォブラー(旧)・10g・青ギンをキャスト。
   少し引いてきてアタリ〜。 寄せてきて、ギラギラ・光る。 ニンマリ〜。 狙いのホの字か・・。
   しかし・・・、ニジマス・45cm。 まあまあ綺麗な魚体。

ニジマス・45。狙いのホの字かと・・   11時半すぎ、移動。

 * 移動して、12時頃・ムジナ窪、到着。 先端に先行者がいたので、ログハウス側によけて
    入る。 天候は曇りになって、気温も下がってきました。

    スプーンで底を攻めるも、ロストするのみ・・・・。

    ここまでで言葉を交わした釣人も、ほとんど釣れていない様子。
    解禁後のプレッシャー、前日の雨による雪解け流入で、魚が寝てしまったか・・・。

  ムジナ窪。減水で竿を振りやすい。

 * 16時前、立木桟橋に向かい移動開始。 雨が降り出し、車に着く頃には本降りに。

    16時半、とりあえず桟橋に着くと、誰もいない。 釣れてないという事か・・。
    17時、雨もやんできて、釣り(スプーン)・スタート。
    いろいろな方向にキャスト。 底を丁寧に探る。

    薄暗くなってきた 18時すぎ、正面にキャストしてくると 「ゴツ・ゴツ」とアタリらしきものが・・・
                                       (PEラインシステムなので感度が良い。
    この方向に障害物はないはず・・。 レイクか!と気合を入れて 再キャスト。
    同じコースをトレースすると、またアタリ。 ・・・しかしなかなか乗らない。
    足元まできて 少し浮いたところで、ヒット! 諦めずによかった・・。 レイク・53cm。
    ルアーは スミス・ヘブン・13g。

  粘り、探り、引き出した1本。

   この後、数投で納竿。
   
 ** 湖畔、浅場のヌルが多い。イタリー付近(砥沢)はまあまあ綺麗でしたが・・。
     ユスリカも多かった。

          今年も中禅寺湖情報を、ベイトの様子、タナ、釣法など出来るだけ細かく
          UPしていきます。 釣行のヒントにして下さい。 TM