2011   釣行記(中禅寺湖情報)   4月編

2011.4.26  美容師 K氏・M氏 釣行  西六番→立木桟橋(ワカサギ寄ってます)。

 * 例年からしてGW前くらいから良くなってくるはずの中禅寺湖。
    期待して釣行。

 * 前日・23時半、湖畔到着。西六番、ベンチ・階段に荷物を置いて、車で仮眠。
    3時半・起床。4時に大島商店さんで漁券購入。
    大島さんの情報で、山側・岸でホンマスが釣れ始め、ワカサギが寄っているとの事。

 * 4時半、西六番でルアー開始。ミノー・スプーンで探るがアタリ無し。
    快晴・無風。

    6時前から、エサ釣り開始。
    K氏・ベンチ、M氏・階段で タナ3.5m・イクラ。K氏はタナ5mも追加。
    イクラを打ち続けるも なかなかアタリが出ない。
    1度、M氏にアタリが出るが、アワセられず。
    弱い北西風。雲が出てきました。 波間・たまに1匹づつ・ワカサギ。

    8時、K氏の娘さんとその友人が合流。この2人、ルアーをやるので少しK氏の竿で
    お試し釣行。キャスト・糸フケ処理・エサの切り落としなどを教えることに。

    K氏が「とりあえず、見てて・・」で、3.5mをキャスト、レクチャーしながら
    ウキを見ていると・・小さいアタリの後、喰い上げ。
    教えてる最中にヒット! ブラウン・42cm。8:30。
        (こんなタイミング、面目躍如というのでしょうか)


    しばらくアタリも無く、まだ国道側にホンマス祭りは来ていない様子。
    10時前、M氏・エサを換えて、竿を置いてK氏のところにいって、ブラウンを見ながら談笑。
    すると、K氏がM氏のウキがないのに気づき、「ウキが無いヨ・・」と言いかけた途端
    M氏の竿が「ガタッ・・」と移動。
    慌ててM氏・ダッシュ、竿を押さえ トイレ前桟橋方向に張ったラインを寄せる。
    なかなかのファイト! ヒレピンのレインボー・45cm。
       (アタリが遠いからといって、油断大敵。置き竿はちゃんと固定が必要。)

合流の2人。寒そう。 女神が釣らせた2本? なかなか太い魚体。 レインボーの胃・内容物。すでにワカサギを捕食
ミノーでの釣りに期待出来そうです。

 * 10時になって、携帯で「トンカツ あさい」のソースカツ弁当を注文。
    この後、アタリなく11時に昼食。かなり雲が厚くなり、寒いので「釣りガール」2名は温泉・下界へ。

    12時、ポツポツ・雨が落ちてきて、ついには小雨。アタリもないので移動。

 * 立木駐車場について、湖面の様子を見ると・・「ワカサギ!! 湧いてる!」
    きっちり接岸してはいないが、表層1mくらいを見えるところワカサギだらけ!
    サイズは5〜7cm。 水深7mラインほどまで立木ワンド内に・・湧いてる。


    砥沢までいくか、ここでやるか・・・とりあえず13時・昼寝を少し・・・・
    と思ったら、2人とも15時まで爆睡。

    という訳で、16時半より立木桟橋・スタート。
    ルアーマンが3人いたが、30分で2人が移動。残ったルアーマンが右先端。
    K氏・左側・水深9mラインでタナ7m。M氏・左側・水深7mラインでタナ5m。
    イクラを手返し良く、打ち込む・・・しかし、なかなかアタリが出ない。
    M氏が、桟橋からタモでワカサギをすくい、K氏が水深12mくらいのところにタナ9mで背掛け・キャスト。
            (何回もやると、他の釣人に迷惑ですので控えめに・・。
                ワカサギ仕掛けで見釣り出来ますので、仕掛けと長めの竿を車に乗せておいて餌調達。)

    18:10、ルアーマンさんにヒット! レイク・60cm。 スプーン・18g

桟橋上からすくえる程。  レイク・60cm。  この状態でしたので、これからが楽しみです。

    エサにアタリなく、薄暗くなってきたので、ルアーに専念。
    ミノーにワカサギが引っ掛かるほど・・ですが、この日はまだトラウトが立木に廻ってきていなかった
    ようです。19時・納竿。

 ** 西六番・ブラウンの胃・内容物、ヨシノボリ・ヤゴだったそうです。

          今年も中禅寺湖情報を、ベイトの様子、タナ、釣法など出来るだけ細かく
          UPしていきます。 釣行のヒントにして下さい。 TM